事業の沿革
1955年7月
■ 資本金50万にて写真用品の製造販売を主業務に発足
1957年4月
■ 品川区中延にプレス工場を設置し、ジェコー株式会社様向けプレス加工を開始
1959年5月
■ 松下電器産業(株)東京工場様向けステレオ部品の納入開始
1962年2月
■ キヤノン(株)取手工場様向けカメラ部品の納入開始
1963年9月
■ 茨城県取手市に取手工場設置
1965年5月
■ 中延工場を大田区矢口に移転し東京工場とする
1967年5月
■ 栃木県野木町に古河工場を設置
1980年3月
■ 東京工場を取手工場に併合
1987年6月
■ 取手工場に隣接する土地を取得し、第二工場を設置
1988年7月
■ 資本金3,500万円に増資
1989年3月
■ 取手第二工場にて、キヤノン株式会社様向け試作開始
1991年3月
■ 取手第二工場にプレス・ロボットラインを設置
1992年12月
■ TOXカシメ工法の採用
1994年5月
■ 試作・非量産工場として取手第三工場を設置
1996年1月
■(40周年記念)ISO-9001 承認取得
1998年11月
■ クリンチカシメ特許出願
2000年12月
■ オートリブジャパン(株)様向けエアーバッグ部品の納入開始
2002年5月
■ 300t. プレス導入
2004年10月
■ ISO-14001 認証取得
2006年1月
■ 200t. サーボプレス導入
2006年6月
■ リズム時計工業株式会社様向け電子機器部品の納入開始
2008年5月
■ 130t. サーボベンダー導入
2008年6月
■ プランジャパン支援開始
2008年10月
■「均等・両立推進企業表彰」均等推進企業部門 都道府県労働局長優良賞 受賞
2010年7月
■ 400t. プレス導入
2011年5月
■ 広島営業所開設
2011年6月
■ レーザー切断機導入
2011年6月
■ マシニングセンター導入
2011年9月
■ 広島工場開設
2013年5月
■ 渡邉会長 東京都金属プレス工業会会長就任
■ 渡邉会長 日本金属プレス工業協会副会長就任
2014年1月
■ 土木及び建設関連溶接部門拡充
2015年3月
■ 臼田社長就任
2018年4月
■ 全社員の能力ワンランク向上推進活動開始



white line