TOXカシメ
TOXカシメ

これまでの金属板接合の方法は、異種材どうしの接合の問題、前工程の段取りや加工時間によるコスト増の問題、その他品質含む工程管理上の問題等々、様々な欠点がありました。
このTOX接合は、非常に精巧でしかも極めてシンプルなツール構成で、これらの問題の全てを解決しました。
TOXシステムでは、間に中間材が有る無しに関わらず、様々なタイプ・厚さの金属を接合できます。
切り欠け部分がほとんどないため、極めて高い剪断強度・剥離強度が得られ、とりわけ動的負荷に対して疲労強度が高くなります。
厚さ・材料組成・材料の組み合わせに基づく個々の金属板組み合わせの総てについて、ツールの組み合わせを標準化し、最適強度が出せるようにしています。
星光工業は、10年以上に亘るTOX接合の経験により、トックス・リックス プレソテクニック(株)様と協力してこれらのノウハウを蓄積してまいりました。
現在では車の重要保安部品であるエアバッグに採用されて、高い信頼を受けています。

TOXカシメ
white line